2007年01月03日

まずは環境構築!!

Linuxでの構築はめんどくさいので、Windowsで環境構築する。

ThinkITのRuby on Rails入門等参照してみると、Instant RailsをインストールするだけでApache, Ruby, MySQL等必要なものがそろうみたいだ。

しかし、CakePHP等も試してみたいので、XAMPP Windows版 1.5.5
ActiveScriptRubyリリース1.8.5.2をインストールしてみる。

デスクトップにruby consoleというショートカットができるのでダブルクリックしてコンソールを立ち上げる。

ActiveScriptRubyには、RubyGemsがインストールされているみたいなので
下記コマンド入力
$ gem install rails --include-dependencies

これで、Ruby on Railsと依存関係があるアプリがインストールされたらしい。

プロジェクトを作成方法は、任意のディレクトリに
$ rails プロジェクト名
とすれば、ファイルが作成される。

Ruby on Railsには、開発環境用のHTTP サーバWEBrickがついてくるのでApacheではなくしばらくこちらでテストしてみる。

サーバの立ち上げ方法は任意のプロジェクトディレクトリで
$ ruby script/server
とすればいいらしい。

ブラウザから
http://localhost:3000
にアクセスすれば起動したかどうか確認できる。

Apacheを使用しないのなら、XAMPPで必要なのは、MySQLだけか・・・
ということは、DBにSQLiteを使用するのであればXAMPPをインストールしなくてもすむということか・・・

まあ、とりあえずRuby on RailsでWebアプリケーションフレームワークどういうものかつかむ為、Ruby + WEBrick + MySQLで行ってみよう!!






posted by asaton at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby On Rails | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。